脳性まひ者 しんやのひとりごと

脳性麻痺による両上下肢機能障害と共に生きる筆者が、折にふれ、浮かぶ思いをつづる。

デカいテレビで お~~~

 いまPCモニターとしても使っているテレビは、ことしはじめのほうに買ったものだ。なんせ画面サイズが40インチである。
 ひとり暮らしのアパートの部屋は、ふだん四つんばいや正座で過ごしているが、調子のよくないときは車いすもOKの8畳。とはいえ、テレビの放送をみるには、デカすぎるんじゃないか。
 ほんとうは、32インチのサイズのテレビがほしかった。このくらいがぼくの部屋にちょうどいいのである。するとパソコンのモニターとして使うには、解像度の低すぎるのしか出回っていないらしい。パソコンをテレビにつなげる人は、世間にそういないのかもしれない……。
  テレビとPCモニターと、2台置いたらどうか、とも言われた。部屋がごちゃごちゃしてしまうのが、いやだった。1台で済ませたほうが、すっきりしよう。
 かりにぼくも手足に障害がなければ、ものが自由に扱えるだろうから、たぶん、こういうやり方はしないかもしれない。
 それはそうとしてパソコンのモニターは、フルハイビジョン以上の解像度がなければならない。32インチのテレビだとハーフハイビジョンというか、半分になってしまうのである。
 解像度がこのように低いと、どうなるか。
 ソフトの枠ばかり大きくなり、作業領域がせまくなる。ワープロ表計算も、全体が把握しづらくてしごとにならない、という事情があった。
 ただ画面が40インチになってしまうと、やはり、
(テレビの放送をみるのには、デカすぎじゃないか)
 設置してもらうまで、そこが気になっていた。
 月日が流れた。
 恋愛のドラマは、みるほうではない。が、このところ楽しみにしているのがある。TBSの〈この恋あたためますか〉。コンビニ会社のスイーツ開発現場が主な舞台である。
 スイーツ開発部のパティシエのおにいちゃんが、途中から入ってきた主人公の女の子の突飛なようすに、はじめは振り回される。気にしない女の子で、予想外のスキンシップがたくさんあるのね。
 そうなるわなぁ。心の中でうなづいていた。そのパティシエのおにいちゃんに恋心が芽生え、思いを抑えられなくなっていきなりキスしてしまうシーンにである。
 ぼくは正座してみていた。
 キスされた女の子役の森七菜ちゃんの、何が起きた? というような表情の、かわいらしい顔が、40インチの画面にどアップになり、
(お~~~)
 ひっくりかえりそうになって、あわてた。森七菜ちゃんじゃ、そうなるよ~~~。
 生まれてこのかた、つきあってくれる恋人はいたことがない。白髪もふえてきた。この冴えないオッサンにふだんの生活で、こんなドキドキの出逢いは、ない。
 デカいテレビがあるおかげで、あこがれの女優さんに逢えるひとときが、なによりのしあわせになってしまった。